モスクワでの交通手段(3) 電動キックボード

ロシア・観光

プリヴェート!(こんにちは) chocolatです。
僻地駐在妻(へきち ちゅうづま)やってます。
実は一番早い! 電動キックボードを紹介します。

モスクワ市内は交通渋滞と一方通行でほんっと嫌
特に、飲み会の待ち合わせで7時集合だと、
6時台に移動するんだけど、
最も混む時間・・・

普段は20分の距離が、1時間かかることも・・・
かと言って、早く着きすぎるのも・・・

そんなモスクワで、実に便利なのが電動キックボード!
今日もキックボードをシェアしてレッツゴー(死語???)

結論!

  • ◎目的地に最も早く着く
  • 〇爽快・ヘルメット不要
  • 〇まーまーオシャレ
  • 〇シェア開始・返却のステーションは自転車より圧倒的に多数
  • △自転車やメトロに比べるとやや高い。でもタクシーよりは安い
  • ×コケるかも
  • ×雨の日は使えない
  • ×大通りは地下道を押し歩きする羽目に

ということで、遅れたくない夕方の待ち合わせには最強説!

電動キックボードのメリット

まず交通手段として最も重要な到着までの時間が、
実は一番早い
そして読める
どこでも借りられて返せるし、
スピードも徒歩や自転車より全然早いし、坂道ラクだし
渋滞ないし
うん。優秀!

次に、何といって乗り心地
爽快だし、疲れない。
運転も自転車より簡単で誰でもすぐ乗れる
でもって速いし。

さらに、シェアステーションの数の多さ
シェア事業者の種類も多くて、
各社が競って配置している

返却するステーションが満車でも、
とりあえずそのあたりに置いておけば
返却扱いになるので、
自転車と違って返却場所に困ることはない

こんな感じに各社のキックボードがごっちゃになって返却されている

で値段も手ごろ
5㎞くらいなら200ルーブル(約300円)くらいで行ける
一人ならタクシーに乗るより安い
(でも自転車や地下鉄に比べるとちと高いかな)

ということでまぁメリットだらけ
実は最強!!!

電動キックボードのデメリット

あえて言えば、少し高いかなぁ・・・
自転車が半年で1,235ルーブルなのに比べると、
1回200ルーブルくらい

たとえば、ランチを食べに行く往復に使うと
400ルーブルかかる
1000ルーブルくらいのランチに+400ルーブルは高い気がするなぁ

あと、調子に乗るとコケる
段差でつまづきそうになったことは何度か

当然だけど雨の日は使えない
キックボードで行くつもりで予定していたら、
雨が降って、やむなくタクシー
そして渋滞で大遅刻ってパターンは”あるある”

あと、サドーバヤやトベルスカヤのような大通りは
横断歩道がないので、地下道を押して歩くことに
(でも自転車に比べると軽いし、モーターで推進しながら押したりもできるので楽)

まぁ色々書いたけど、
スパ以外は正直言って最強確定!

借り方・小話

借り方はいたって簡単
アプリをインストールして、
apple payでの支払いを選択して、
キックボードにあるバーコードを読み取ってシェア開始!

提供会社数が多いので、
それぞれアプリを入れないといけないのが面倒かな

ところで、町中に放置されているキックボード
充電は誰がいつやっているの???

これは欧米同様、非雇用のギガワーカー的な人たちがいて、
自宅で充電したバッテリーと、使用済みバッテリーを
交換しているとのこと

確かに、ラフなお兄ちゃんが何個もバッテリーもって、
交換してる光景は良く見るかな

関連リンク

モスクワ 散歩・生活・買物・文化について

そのほかの交通手段はこちら

  • タクシー :最も便利。コスパは悪いけど、天候に左右されない。渋滞と一方通行が天敵!
  • メトロ :コスパ最強!雨でも雪でもOK! 時間に正確。目的地が駅近なら◎
  • バス・路面電車 :コスパ最強!メトロに比べ近距離移動に適。雪の日は待つのがつらい
  • シェアサイクル :コスパ最強!晴れた日の2㎞以内ならベスト。それ以上はキツイ
  • セグウェイ :乗りこなせば無敵!電動キックボードの進化版

コメント

タイトルとURLをコピーしました