本場ロシア料理 メイン料理・ランキング

ロシア・グルメ

プリヴェート!(こんにちは) chocolatです。
僻地駐在妻(へきち ちゅうざいづま)やってます。
今回は本場ロシア料理のメインを紹介します。

メイン・ランキング  Второе блюдо

  • 80点 ビーフストロガノフ Бефстроганов
  • 80点 キノコのグラタン ジュリアン  Жульен
  • 80点 肉を詰めたコロッケ ズラージィ  Зразы
  • 50点 カツレツ Котлета
  • 40点 キエフ風カツレツ  Котлета по-Киевски

→ロシア料理 総合ランキングはこちら

ビーフストロガノフ Бефстроганов

ビーフストロガノフ この店はフライドポテトだったけど、マッシュポテトが添えられているケースも多い

日本人になじみのあるロシア料理の代表がビーフストロガノフ

サンクトペテルブルクの貴族、ストロガノフ(строганов)伯爵のコックが考案したとかで、
この名前になったとの言い伝え

ちなみにビーフБефはロシア語ではなくて、
フランス語の牛肉(ベフ)から当てた外来語

当時、サンクトに住んでいたロシア貴族の間では、
フランス文化に対する憧れがあり、
あえて、ロシア語の牛肉を意味するガビャーディナ(говядина)ではなくて、
ビーフにしたとか

日本だと、ハヤシライスみないにこげ茶色で、
ライスと一緒に食べるのを想像するけど、
本場はサワークリームをたっぷり入れるので、
白と茶色の間くらいのクリーミーな色合い

ライスの替りに、たいがいマッシュポテトなんかが添えてあるね

意外とあっさりして食べやすいし、
他のロシア料理とは一線を画して
すこしフレンチに近い味付けだね

すっごく期待してオーダーすると意外に普通だけど、
ちゃんと美味しいよね

ジュリエン Жульен 

キノコのグラタン・ジュリアンはメイン料理として提供される場合と、前菜の場合がある
立場が微妙な料理

当然レストランのメニューでも前菜に記載されている場合は量が少なめ

壺や小さな器に、キノコや鶏肉などの具を入れて、
クリームソースとチーズをかけてオーブンで焼く料理

フランス料理が起源と言われていて、確かにロシア料理っぽくない味付けだね

上質なグラタンを食べてる感じで美味しいヨ

唯一の欠点をあげるとしたら驚きがないことくらいかな
誰が作っても美味しくなるレシピだね

ズラージィ  Зразы

仔牛と鶏肉のズレージー・マッシュルームソース Зразы

真ん中に肉を入れたコロッケ的な大衆ロシア料理がズラージィ

カフェ・プーシキンで出会った

牛肉と鶏肉の ズラージィ (Зразы по рецепту Пожарского)は
牛と鶏にクルトンの衣をまとったて揚げていてサクサクというかザクザクの食感

この歯ごたえがホント楽しいよね

さらにマッシュルームソースがかかっているんだけど
ソースは濃さと量を計算して、衣の一部にかけるだけで味わえるように
濃いめのソースを少量かけている
この計算がニクイ

間違いなくフレンチのメインに対抗できる逸品

カフェ・プーシキン以外で食べたことがないんで一応80点にしとくね

カツレツ Котлета

カフェ・プーシキンの肉団子  Фрилфделька

ロシアでカツレツっていうと一般的には衣付きのカツというより、
ハンバーグのような挽肉を丸めて焼いた肉料理を指す

似たような料理としては、
肉団子Фрилфделька、
肉団子тефтелиって書いてある場合もあって、
肉団子Фрилфделькаと肉団子тефтелиは丸型
カツレツkотлетаは卵型。
肉団子の方が、小さい塊がいくつも入ってるパターンが多くて、カツレツは大きいのが一つ。
肉団子Фрилфделькаはスープに浸かっていることが多い
けど、実は大差ないかも。

はっきり言って、このハンバーグ風カツレツはソース次第で
美味しい店もあれば、そうでない店もある
当たりはずれのあるメニューって感じかな

ジビエ中心のロシア料理チェモダンで食べた
ヒグマのカツレツ Котлета из мяса саянского бурого медведь
なんかはベリーソースとポルチーニ茸を使っていてとっても美味しかったけど、
何もソースがなくてマッシュポテトが添えてあるだけ
みたいなケースもある・・・

ヒグマのカツレツ Котлета из мяса саянского бурого медведь

個人的には積極的には頼まないかなぁ・・・

キエフ風カツレツ Котлета по-Киевски

これは期待値が高すぎて肩透かしパターンのメイン料理

カツレツでしかも切ると汁があふれ出すっていう
映え料理なんだけど、

まずあふれ出すのは肉汁ではなくバター
真ん中にバターを入れて揚げているので、
ナイフで切れば当然溶けたバターがあふれ出す

でもしょせん温めたバターなだけなんで、
ありがたみは
”別に”って感じ

で、肉はっていうと鶏肉なんで、
カツレツとしての魅力は半減

そりゃチキンカツよりはトンカツの方が美味しいよね

で衣ももともとサクサクって感じじゃないんだよね
さらに溶けたバターに浸かるんでベチョってするし

というわけで、ロシア滞在中、
一度は食べたい料理&一度でいいかな料理
認定!

関連リンク

【決定版】本場ロシア料理 ランキング

モスクワのレストラン 高級ロシア料理・カフェ・プーシキン

コメント

タイトルとURLをコピーしました