モスクワの散歩道(12) VDNKhと宇宙飛行士記念博物館

ロシア・観光

プリヴェート!(こんにちは) chocolatです。
僻地駐在妻(へきち ちゅうづま)やってます。
今回はちょっと郊外の広大な公園、VDNKhと宇宙飛行士記念博物館を紹介します。
散歩してお茶して、半日は遊べますよ。

VDNKh ヴェー・デー・エヌ・ハー

モスクワ市の北部、メトロのVDNKh駅の西に広がる広大な公園
もともとはソ連時代に、ソ連邦内の各共和国の博覧会場、ソ連邦国民経済成果展示場としてオープンした会場の跡地だね

今は全ロシア博覧センターって名前なんだけど、前の名前VDNKh(ベー・デー・エヌ・ハー)の方が通じるよ

1963年までは、アルメニアやカザフスタンなどソ連邦内の各共和国がそれぞれの食事や文化をPRする共和国ごとのパビリオンが設置されていたんだけど、
1963年になぜか各パビリオンが閉館して、保健とかテーマごとの展示をする施設になったとか

1991年のソ連邦崩壊後は、この公園全体はしばらく放置され、電気製品市場として使われたり荒廃した状況だっただけど、2000年代に入って再整備

今は、散歩して気持ち良い公園になった

2010年頃に、ロシアは、もともとソ連邦を構成していた各国にパビリオン設置を打診したんだけど、ロシアとの関係も各国によって温度差があって、
結果としてパビリオンでの展示に参加したのは、アルメニア、ベラルーシ、カザフスタン、キルギスの特に親ロでロシアに依存している国々だけとなった

当然ジョージアやウクライナは参加せず
そりゃあそうだよね

奥の池沿いの遊歩道

この公園の楽しみ方は、散歩が1番

公園入口付近は、派手な噴水がいくつかあって、各国のパビリオンがある
奥に行くと綺麗な池があるし,緑が増えてくる

個人的には入口付近の派手な噴水はちょっと趣味じゃないんだよねぇ
なので奥の方が好きかな

ぐるっと歩くだけで癒されるしファットバーンになるよね
散歩目的で来たら、休憩しながら数時間は歩けるよ

あと、園内は舗装されているので、電動キックボードやセグウェイで走っても気持ち良い
キックボードは入口でシェア可能だよ

宇宙飛行士記念博物館

VDNKhの隣になるのがこの宇宙飛行士記念博物館

ソ連による宇宙探索の記念碑として、空に向かって飛び立つ姿を形どったモニュメント「宇宙征服者のオベリスク」があって、その下に記念博物館がある

宇宙征服者のオベリスク

このオベリスクには圧倒されるので、一度は見に行こうね

で博物館については、人工衛星スプートニク1号やソユーズの帰還カプセルなんかが展示されているみたいなんだけど、実は入ったことないんだ

面白かったら教えてね

地図

メトロのVDNKh駅から、宇宙飛行士記念博物館 を通って、 VDNKhの奥の池までが3㎞
寄り道しながら往復すると8㎞位はあるけるよ

関連サイト

モスクワ 散歩・移動・文化・生活について

コメント

  1. 黒田辰男 より:

    ВДНХの思い出は、遠目であまり広くなさそうに見えた(建物自体が馬鹿デカイからか)のですが中を歩くと歩けど歩けど目的地に着かずやっと着きそれから戻るのもやっとの思いで疲れ果ててKOSMOS HTLに辿りつきました。確か、途中で炭酸水自動販売機(まだ日本には、自販機がありませんでした)が何台も並びそこで買った飲んだ炭酸水がうまかった思い出があります。

タイトルとURLをコピーしました